スポンサードリンク

加齢臭・口臭・体臭、悪臭撲滅委員会 香り・フェロモン嗅覚の仕組み > 体臭について > 足がくさくなるのはなんでだろう?

スポンサードリンク

体臭について

足がくさくなるのはなんでだろう?

こんにちは、匂いフェチ博士です。

今日は足のにおいについて考えてみましょう。

靴を脱いだ瞬間、ムッとする足のにおい・・・。
季節に関係なく、酸っぱいすえたような香りがします。
これ、男性女性関係なく、いえいえ、子供も大人も、足のにおいは万人に平等ですね。
まずはにおいの原因を知り、対処をしっかりすることが、悪臭撲滅のコツですね。

足のにおいの原因は、皮膚上でおこる細菌の分解活動によって、汗と垢の発酵によるものです。
足の裏は、人体の中でもエクリン腺(汗腺)多く、汗をかきやすいです。
そして、足というのはよほど特殊な生活をしない限り、靴を履きます。
この靴を履くという環境と、発汗のしやすさが合わさると、微生物が活動するのにちょうどよい適湿適温の環境へ変化します。
そして、その微生物たちは足の裏の垢などを餌に繁殖し、酪酸臭(らくさんしゅう)という蒸れた発酵臭が出やすいのです。

足のにおいは、脇などのにおいと性質が違います。
これは、足裏のエクリン腺から出る汗は約99%が水分で、残り約1%が塩分なので、この汗自体はにおいの直接の原因ではないのです。
ワキなどはアポクリン腺から出るような汗は、汗そのものに栄養価の高いミネラルやホルモンが分泌されていますから、もっと別のにおいになります。

まとめます。
足の裏は汗をかきやすいために、適度な湿度になります。
そして、靴や靴下で温められ、足の垢などを餌に、微生物が活発化するのです。


足の臭い対策石鹸はこれ






<<加齢臭、その仕組み | 加齢臭・口臭・体臭、悪臭撲滅委員会 香り・フェロモン嗅覚の仕組みトップへ | 足のにおいの対策>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。