スポンサードリンク

加齢臭・口臭・体臭、悪臭撲滅委員会 香り・フェロモン嗅覚の仕組み > 香りの性質 > 香水の濃度について

スポンサードリンク

香りの性質

香水の濃度について

香水は、さまざまな香料を組み合わせて(調合して)つくられています。
調合は全体的な香りを考えながら、粘着性の強い性質の香りと組み合わせて、揮発性の香りが長持ちするように設計されています。


その香水は、濃度によって分類できます。
香水の分類.bmp

これらの特質と持続時間を理解したうえで、香水をつける場所を考えましょう。
つける場所については、また次回!


≪香水.CO.JP≫人気香水最大84%オフ!!!




香水??。。。。。。。 お得な情報みーっけ!!

信頼のあるスタッフが
親切にスピード対応!  しかも ?????→ 香水最大84%オフ!!

ブルガリ、エスカーダ、シャネル、ジバンシー、バーバリーなどなど、幅広く取り扱っています。

☆お洒落な香水専門店

<<体臭 体の場所によってにおいが違う | 加齢臭・口臭・体臭、悪臭撲滅委員会 香り・フェロモン嗅覚の仕組みトップへ | つける人によって香水の香り方が違うのはなぜ?>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。