スポンサードリンク

加齢臭・口臭・体臭、悪臭撲滅委員会 香り・フェロモン嗅覚の仕組み > 体臭について > 体臭 体の場所によってにおいが違う

スポンサードリンク

体臭について

体臭 体の場所によってにおいが違う

こんにちは、匂いフェチ博士です。


なにもしていないのに、体から芳しい芳香を放つという体質のことを、芳香体質(挙体芳香)といいます。
まぁ、芳香体質というとよい香りだけを指して言うようですが、もともと人間は微妙に芳香体質で、口臭以外にも食べた物の匂い成分が微量ですが汗に混じって体の外に出てくるのは、体臭が食べ物に影響されることからも明らかでしょう。


さて、人の体臭には部位別に分けることができます。
汗腺により4区分、それ以外に1区分、合計で人は5区分の体臭区分に分けることができます。
全身にある汗腺や環境条件によって、その醸し出されるにおい=体臭には違いがあるのです。




汗腺には3種類。
ほぼ全身にある体温調節機能をもつエクリン腺。
ワキや局部など、毛が生えている部分に集中してあり、体臭のもとになる分泌物を出すアポクリン腺。
皮膚や髪を保護するために皮脂を出す、皮脂腺があります。


汗をかいた時の汗臭いにおいは、エクリン腺からでる99.5%の水と塩分から構成されます。
その汗がさらっとすぐに蒸発すれば、塩っぽいにおいがします。
しかし、にじみ出た汗で、塩分も高く、脂も混じっている汗の場合、皮膚上に長く汗が留まることになります。
そうすると、皮膚上の細菌によって分解され、汗臭いすえた臭いのもとになります。


続いて頭髪部分です。
頭は、もっとも皮脂腺が集中しているところです。
皮脂腺は皮脂という脂を分泌して、人の肌表面を保護し、最近の体内侵入を阻止する働きがあります。
しかし、その一方で、長く皮膚上に留まると、皮膚上の細菌や微生物に分解され、においのもとになります。


そして、ワキや局部に集中している、アポクリン腺からは、ミネラルやホルモンの分泌がされます。
これが、ワキガのもとになります。


最後に人の特別州として、足臭です。
足の裏には汗腺が集中しているので、汗が大量に出ます。
ところが、足という部分は普段靴を履いているので、通気が悪く蒸れやすいです。
すると、最近の分解が活発になり、特別なにおいが生じやすいので、注意が必要です。




渋柿と茶の葉石鹸 柿茶タンニンソープ




汗や体の汚れは体臭の原因に。洗い残した毛穴の汚れや、皮脂の
カスが酸化すると嫌な臭いに・・・。『渋柿と茶の葉石鹸』で、
毎日の体の汚れをしっかり、さっぱりと落としながら清潔な状態
を維持しましょう!

<<自分のにおいを客観的に知る方法は? | 加齢臭・口臭・体臭、悪臭撲滅委員会 香り・フェロモン嗅覚の仕組みトップへ | 香水の濃度について>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。