スポンサードリンク

加齢臭・口臭・体臭、悪臭撲滅委員会 香り・フェロモン嗅覚の仕組み > はみ出しコラム > 臭い・・・「におい」と読むか「くさい」と読むか

スポンサードリンク

はみ出しコラム

臭い・・・「におい」と読むか「くさい」と読むか

こんにちは、匂いフェチ博士です。

まだまだできたばっかりのこのブログ。
臭いの専門情報提供を目指します。

しかし、書いていて表現にすっごく困ることがあります。
それは、「臭い」

「におい」 と読ませるのか? 「くさい」 と読んでもらうのか?
漢字変換すると同じ 「臭い」 になってしまいます。
前後の文章から推察はできると思うのですが、それでも読み違いがないとは限りません。
私としては、においで使うよりも 「くさい」という感覚の字にはなりますが・・・。

なので、極力ひらがな表記をこころがけて行きたいと思います。
におい と くさい をしっかりとわけて表現するようにしようと思います。
その上で、くさい ⇒ 臭い と表現したほうがよさそうなところは、臭いを使おうかなぁ。




<<腸内腐敗と体臭の関係 | 加齢臭・口臭・体臭、悪臭撲滅委員会 香り・フェロモン嗅覚の仕組みトップへ | 自分のにおいを客観的に知る方法は?>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック

  • しみ には皮膚科
  • 通常、シミ治療には、レーザー治療が多くされているようですが、種類によっては、切除する方が、肌の再生がスムーズに進むケースも多々あるとのこと。レーザーは一度肌を焼くことになるので、火傷と同じ状態。傷とし..
  • 2009-05-09 19:41
  • しみ そばかす


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。